インターネットカフェでのギャンブルは、ギャンブルが合法化されている国の出身者であることを条件として合法とされており、違法行為ではありません。一方、ギャンブルが合法化されていない国の出身である場合は、残念ながら違法行為となってしまいます。

正直に言ってしまえば、合法的な方法で稼いだ自分のお金であれば、自分が使いたいように使ってもいいじゃないか!と思いますよね。カジノは、勝っても負けても何時間も楽しいので、頑張って稼いだお金を自由に使わせてほしいものです。ギャンブルが違法であるとするならば、例えば、昔仕入れた商品を保管しておいて、その商品の値段が上がるのを待つ行為は違法ではないのでしょうか?

お金を失うリスクはどんなビジネスにも存在する

お金を失うリスクは、想像できる限り、どんなビジネスにも存在するので、「リスクを伴うからギャンブルは悪い」というのは間違っています。

つまり、「インターネットカフェでギャンブルをするのは合法か?」という質問の答えはとてもシンプルで、あとはあなたがどう行動するかにかかっています。そして今、この記事を読んでいる方というのは、私の勘違いでなければ、上記の質問に対して「yes」という答えを期待していたのではないでしょうか?

簡単に言えば、公平な分析がなされないと結論が出ないのです。ただ安心してください、この記事で詳しく説明していきます。しかし繰り返しになりますが、うぬぼれた言い方はしたくありません。そもそもギャンブルとは何でしょうか?世の中で行われているビジネスのひとつに他ならないのに、一部の人はそれを理由もなく違法だとか悪いことだと断定するのです。

ギャンブルが禁止されている国に住んでいたら?

実際、カジノを合法化している国は、ギャンブル行為を禁止している国よりも数が多いのですが、何があっても、自分の住む国・地域の法律に従わなければなりません。ただ、賭博が禁止されている国に住んでいても、お金を賭ける人もいます。そういう人たちはオンラインでプレイしているのですが、払い戻しの時に問題に直面することが多いので、同じ問題があなたにも起こるかもしれません。

オンラインギャンブルであれば、賭博が禁止されている国に住んでいても、ギャンブルゲームをプレイすることはできますが、違法行為は決してしないよう強くお勧めします。法律は、その国・地域の環境に合わせて作られていますので、現在住んでいる国・地域の法律に従わなければなりませんし、その禁止事項に耐えられないのであれば、できるだけ早く居住地を変えるべきでしょう。